先麥(シェンマイ)について

天天酷跑异界之神值得入手吗:先麥について

先麥(シェンマイ)について

天天酷跑吸血伯爵 www.disjj.icu 先麥食品は西暦1967年に創立され、初期は中華風喜餅(しーびん)、ベビービスケットを主に生産した、西暦1998年大甲檳榔心芋頭の売り行きが伸びず、先麥は大甲の地元食材檳榔心芋頭を使い、専念的に研究開発した、その年に臺灣初めての芋頭酥(タロイモケーキ)を作り出した、ずっしりとした中身の餡と新鮮な口當たり、臺灣では「先麥芋頭酥」という評判が有名になっただけでなく、臺灣糕餅(中華菓子)業はこの時から、新たな特産品「臺灣芋頭酥」が生まれました、更に地元農民全員、大甲イモ産業の経済収益をあげました。

平凡な芋、元々は初期産業の農産品でした、多くは中華料理に使われ、食事後のデザート、例えば芋鍋、芋焼き鴨、芋アイスなど。伝統な臺灣糕餅業では、常に中華式糕餅、喜餅、パン、小さなデザートと洋式のギフトボックスをベースにしてきました、芋農産品糕餅の品目は一度もありませんでした?!趕塞湣工謂U営管理で芋は臺灣糕餅業の伝説的な製品となりました、大甲の芋産業の伝説を創るだけじゃなく、更に芋が「先麥」最高の代表製品となりました。

「先麥」は臺灣の地元企業である,臺灣の農産物を原料として。初期の「先麥」は芋頭酥(タロイモケーキ)製品のみを持ち、他の商品はなかった。長期的な運営では、新製品の開発を開始しました。元からある奶油酥餅(バターパイ)、酥油餅(スーユーピン)、鳳梨酥(パイナップルケーキ)、太陽餅(タイヤンピン)から最後、「先麥」は臺灣の地元の農産物を原材料として使用して、特有な臺灣製品を開発しました。例えば、大肚山のサツマイモ - 地珍酥(チーチンスー)。鹿谷の抹茶?抹茶酥(マッチャスー)。大安地元の卵の黃身?蛋黃芋、これらの原材料は臺灣とは切り離せません,全て臺灣の特徴を含んでいる,「先麥」のイメージと一致して、「先麥」現地企業のイメージを築き上げました。

誠実な経営、革新的な研究開発は先麥が製品の卓越性を追求する原動力となっています、臺灣の農業を促進するために、2014年盛夏、臺灣野菜果物の新しい生命を開拓、野菜果物が一緒になったKRUNCHEE-VEGサクサクスナックを発売、新鮮な野菜果物(タロイモ、サツマイモ、人參、赤ピーマン、ブロッコリー)などの新鮮な野菜果物を使用して、それらをサクサクしたスナックに変え、自然な野菜や果物の鮮やかなカラーと最も原始的な風貌を表現,実際の行動で臺灣における農業の活力を表現。

2004年の初めから、先麥芋頭酥(タロイモケーキ)は國宴指定のデザートとなり、2008年は、光栄にも経済部臺灣ベスト15種の手土産に選ばれ、2010年ドイツのIF賞では「臺灣の味」と「臺灣の記憶」の一種となりました、海外に住む華僑達の心中の古典的な「故郷の味」です、更に臺灣に遊び來られた時必ず指名する手土産です。

先麥 故郷の味

故郷の味 – 指名の手土産

先麥は得意のイモ製品で、獨自にイモ風味の「先麥イモ牛軋糖(ヌガー)」を創りました、イモの美味しい味を柔らかい牛軋糖(ヌガー)の中に包み、負擔の少ない海藻飴を製作、しつこい甘さを減らし、クリスプなイモの味と牛乳の出會い,しつこい甘さなくそして飽きない、歯にくっつかないヌガーを食べたい人に適しています。先麥は大甲芋頭の特色と臺灣國産の新鮮なミルクを融合させ、先麥タロイモフレッシュミルクアイスクリームを作りました、製造過程中水は完全に加えず、イモの香りが濃醇、そして臺灣中部地方の農業風味を完璧に表現しました。

「先麥芋頭酥」はずっと臺灣の誇りであり、2004年の初めから、先麥芋頭酥は國宴の點心に指名され、「臺灣の味」と「臺灣の記憶」の一つになりました、旅客に最適な手土産、地元住民のお茶後のデザート、そして海外に住む華僑達の心中の古典的な「故郷の味」です。

先麥-真誠.新鮮.愛

真誠.新鮮.愛

先麥食品株式會社?合味食品老店。民國56(西暦1967)年舊暦9月12日に臺中県大甲媽祖廟三角街の街角で創立されました。

先麥食品の経営理念?誠意?新鮮?愛
誠意-立ち上げられた製品やサービスは決して手を抜き材料をごまかさない、 誠意を以て仕事させて頂きます。
新鮮-これは、製品の鮮度、味および衛生を確保することである。
愛-先麥全ての製品やサービスは、弊社の同僚からの尊敬と配慮がいっぱいです。